マナーやのしなど出産内祝いに関する事ならお気軽にご相談下さい!

 出産内祝い.JP ホーム カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

お七夜・出生届け


生まれた日から7日目の夜を「お七夜」といい、この日、赤ちゃんは健やかな成長を祝うとともに、赤ちゃんの名前のお披露目式を行います。
正式の命名式では、奉書紙に名前を書いた命名書を三方にのせて神棚や床の間に飾り、両家の両親や近親者とともに祝い膳を囲みます。
命名書は体調の回復をみて3週間ほどではずし、へその緒と一緒に神棚や仏壇、タンスの引き出しなどにおさめ、子どもが成人を迎えるまで 大切に保管しておきます。





お七夜は、ちょうど病院や産院から退院する時期に当たります。このため、最近では退院祝いをかねて、身内だけで名前のお披露目をしてお祝いをする ことが多いようです。祖父母や兄弟などを招いて祝いの席を設けるときは、父親が中心となり、出産直後の母親に負担がかからないように配慮します。
また、出生届けは子どもの誕生から2週間以内に提出すればよいことになっていますが、できればお七夜までに子どもの名前を考えておき、簡単な命名書を 飾ってお祝いをするのもよいでしょう。マンションなど、神棚や床の間のない家では、命名書はベビーベットの枕元などに飾ります。
かつては親族の 長寿の人に名づけ親になってもらうのが習わしでしたが、現在は両親が子どもの名前を決めることがほとんどです。名前に使える漢字は、常用漢字、 人名漢字、カタカナ、ひらがなです。前もって使える字かどうかを漢字表などで調べ、わが子の幸せを願って、よい名前を考えてあげましょう。





祝いの席に招かれたら、「祝御七夜」「御酒肴料」として、ご祝儀や祝い膳の費用を包みます。





親族の長寿の人や恩師など尊敬する人に名づけ親として命名してもらうことがあります。
子どもの名前に託したい思いなど、両親に託したい思いなど、両親の希望があれば、出産前に名づけ親に伝えておきましょう。
最近では、名づけ親任せにしないで、両親が前もっていくつか候補を考えておき、その中から選んでもらったり、反対に名づけ親から候補を出して もらって、両親が最終的に決めることも多くなっています。
このほうが名づけ親の負担も少なく、あとで名前が気に入らないなどというトラブルも なくなってよいでしょう。




・行う日→生後7日目
・用意するもの→命名書、祝い膳
・贈る時期→お七夜に招かれたら、当日持参
・金額の目安→5000〜1万円
・袋の種類→紅白の蝶結び・のしつき
・お返し→不要。祝宴でもてなす





子どもの名前が決まったら、役所に出生届けを出します。出生届は、子どもの生まれた日を第一日目として、14日以内に出すことが義務付けられています。 提出先は、両親の本籍地か住民登録している現住所、出生地(出産した場所、病院ならその所在地)の市区町村役場です。
必要な書類は市区町村役場に 備えてある出生届書、医師か助産師の出生証明書、母子健康手帳、印鑑。赤ちゃんが国民健康保険の被保険者になる場合は、保険証も用意します。
出生届の手続きをすませたら、その後、一度戸籍抄本をとって、名前、生年月日、性別、続柄などの記載事項に間違いがないか、確認しておきましょう。 これは、ごくまれにですが、誤って記載されていることがあるのを見つけるためです。
また、出生届を提出後、勤務先に扶養家族などの手続きをとります。